誰もが幸せになる日本へ 筋トレ・マンガ・火ノ丸相撲・セスタス・クワガタ・サークル運営・書籍・オススメ紹介・育児・日々徒然

kyouの今日どう〜ブログ

家族と育児の話題

家族について2 結婚観について思うこと

更新日:

家族について2 結婚観について思うこと

正直、需要0の記事だと思いますが
元号も令和になったということで
今思うことを書き残しておきます。
以前に
幸せに生きるための3つのこと を考えた時
健康・お金・生きがい
の3つをあげました。
私は、現在生きがいの部分に家族が占める割合が高いわけですが、その理由を考えてみました。

今まで生まれてからは親と、
結婚してからは奥さん、そしてやがて子どもがいて
長期で1人暮らししたことがないので
なんともわからない部分もありますが

まず、結婚をしたことについて
人生の大目標にも置いたその理由は
祖母や身近な人の「死」が結構大きいです。

若い頃はともかく、ある程度年齢がいってから「死」を経験すると
当然、想像するわけです。
もし親も死んだら自分は1人ぼっちになってしまうな
それは長い人生で寂しいのではないか、と。
一緒に過ごしていく信頼できる伴侶が欲しい、と。

実際、結婚して親と兄以外に家族ができると、それはそれで全体的には良いなと思いましたし、子どもができると一層そう思うようになりました。
2019.5現在では。
そして薄々感じていましたが
「結婚観」については親の影響を強く受けていると感じます。
両親はなんだかんだお互いを想いやっていたし
充分に子どもに愛もそそいでくれました。
私はあまり人の言う事をきかない(自分を信じる)タイプなのですが
そこは強く影響を受けました。
奥さんのことは、もちろん好きなのですが
知らず知らず、結婚相手として自分とあまりにも剥離しないバックボーン(家庭環境など)と思考を持った人に惹かれるということはあったのではないかと思います。
両親の姿を見て育った私としては
「離婚」という文字はほぼなく、奥さん=一蓮托生のパートナーなのです。
(奥さんはどう思っているかは知りませんが)

若い頃、広島の西条警察署でおっちゃんが言った
「kyou、困った時に助けてくれるのは家族だけやぞ」
という言葉も印象に残っているわけです。

 

ということで
令和最初のGWは今日で終わりですが
結婚観について思うことを書いてみました。
家族とハッピーに過ごすためにも
そしてまだ見ぬ楽しみや生きがいを謳歌するためにも
まずは毎日楽しく仕事して、お金を貯めていきましょう。

 

 

 

 

 

-家族と育児の話題

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.