競馬

日本競馬会の悲願【凱旋門賞制覇への道】日本の歴代挑戦馬の記録

更新日:

日本競馬会の悲願 凱旋門賞制覇への道 日本馬の歴代挑戦馬の記録

日本競馬会において「世界の壁」というのは昔より薄くなってきています。
馬場の差など適応できている香港やドバイでの日本馬の活躍然り。
それでも最後まで残っている分厚い壁が
「凱旋門賞」
凱旋門賞が世界一のレースかどうかは言い切れませんが
最も有名かつ権威のあるレースの1つであることは間違いありません。

 

凱旋門賞への挑戦
古くは
1969年 スピードシンボリ(着外:11着以下)
1972年 メジロムサシ 18着
1986年には皇帝シンボリルドルフが遠征予定も故障で引退
1999年 エルコンドルパサー2着(1着モンジュー)
2002年 マンハッタンカフェ13着(1着マリエンバード)
2004年 タップダンスシチー17着(1着バゴ)
2006年 ディープインパクト3着入線後失格(1着レイルリンク)
2008年 メイショウサムソン10着(1着ザルカヴァ)
2010年 ナカヤマフェスタ2着・ヴィクトワールピサ7着(1着ワークホース)
2011年 ヒルノダムール10着・ナカヤマフェスタ11着(1着デインドリーム)
2012年 オルフェーヴル2着・アヴェンティーノ17着(1着ソレミア)
2013年 オルフェ―ヴル2着・キズナ4着(1着トレヴ)
2014年 ハープスター6着・ジャスタウェイ8着・ゴールドシップ14着(1着トレヴ)
2016年 マカヒキ14着(1着ファウンド)
2017年 サトノダイヤモンド15着・サトノノブレス16着(1着エネイブル)
2018年 クリンチャー17着(1着エネイブル)
2019年 キセキ7着・ブラストワンピース11着(1着ヴァルトガイスト)
2020年 ディアドラ8着(1着ソットサス)
2021年 クロノジェネシス7着・ディープボンド14着(1着トルカータータッソ)

 

こうして見ると、近年は毎年のように挑戦がありますが
届きません。
日本の馬場とロンシャン競馬場の芝が深くパワーとスタミナが必要とされると言われる馬場には大きな違いがあり
それも要因の1つでしょう。

 

1999年の凱旋門賞、たしかNHKのBS世界の競馬で生放送していたと思いますが

さあ直線に入った最後の直線
一番内側でエルコンドルパサー先頭

日本の夢をのせて 日本の夢をのせて
400mを切った その差を広げた
そして外の方からモンジューが襲い掛かってきた
モンジューがきたぞ



というような実況で、映像を見るとあの時の熱い思いが今でも蘇ってきます。
その後も
2006年三冠馬ディープインパクトが3着入線後に使用禁止薬物で失格
2012年・2013年には同じく三冠馬オルフェーヴルが挑戦
2012年はとんでもない圧勝と思いきや、まさかの牝馬ソレミアに差され2着
2013年にはあのオルフェーヴルがトレヴに5馬身差つけられるという衝撃。

日本競馬史上でも最強クラスであろう
エルコンドルパサー、ディープインパクト、オルフェ―ヴルでも成し得ることができなかった凱旋門賞制覇。

 

そして今年2021年の第100回凱旋門賞はグランプリ三連覇、現役最強馬クロノジェネシスらが挑戦。
クロノジェネシスは間違いなく強い馬だと思いますが臨戦過程は実験的(?)で
メンバーが揃ったと言われた今年2021年、見せ場はあったものの5馬身程離れた7着でした。

 

あのエルコンドルパサーの2着から22年もの歳月が流れているとは驚きですが
いつの日かまたオルフェーヴルのような怪物が現れ
日本馬による凱旋門賞制覇が見たいですね!!

-競馬

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.