誰もが幸せになる日本へ 筋トレ・マンガ・火ノ丸相撲・セスタス・クワガタ・サークル運営・書籍・オススメ紹介・育児・日々徒然

kyouの今日どう〜ブログ

火ノ丸相撲

火ノ丸相撲 アニメ情報&全話感想 第1話は10/5(金)22時スタート!!ネタバレあり

更新日:

火ノ丸相撲
アニメ情報&感想
(ネタバレあり)

目次

 

第24番
「夢の続き」

あらすじ&感想 2019 3/29(金)

草薙の回想
父の後姿を見て稽古に励んだ日々
火ノ丸の回想
中学生の頃に亡くなった母ちゃんのことも思い出し
全てひっくるめて
「相撲が好きだからワシはここにいる!」
笑う火ノ丸と、久世。
大蛇断ちを逆百千夜叉墜で相殺し
呼び戻しをやり過ごし
必殺の右下手投げ「鬼車」、左腕の怪我を根性でカバーして決着!
団体優勝を決めて幕。

おまけはプロ入りする前の火ノ丸に大太刀高校相撲部の果たし状。

 

感想:
最終回だけに気合いの入った作画
そして作中でも最大の名場面が凝縮された
団体戦決勝の火ノ丸VS久世。
熱い戦いでした!!
24話におよぶアニメもついに最終回を迎えてしまいましたが
火ノ丸相撲が映像でも楽しめたことに感謝です。
原作の大相撲編もそろそろ最終回が近づいている気がしますが
そちらもアニメ化を期待したいですね。

 


第23番
「発気揚々」

あらすじ&感想 2019 3/22(金)

それぞれ、火ノ丸と久世に感化された者同士の一戦
部長VSダニエルは部長の勝利。
そしてはじまる大将戦
潮火ノ丸VS久世草介
培ってきた全ての力をぶつけ、序盤は押す火ノ丸だが
一発で五分にもどす草介。

おまけは女子相撲に火ノ丸のアドバイス

 

感想:
団体戦決勝、最後の大一番が始まりましたね!

 


第22番
「忘れられた国宝・鬼切安綱」

あらすじ&感想 2019 3/15(金)

桐仁VSリオン
蛍の思いも胸に燃える桐仁
小学生時代は火ノ丸に匹敵する実力を持っていた男。
一度は同体、取り直しになるも
頭捻りで里音に勝利!
続く
佑真VS四方田は良い感じに緊張が抜けて力を出す佑真だったが
地力の差で四方田に軍配。

おまけは堀ちゃんVS礼奈の女相撲。

 

感想:
おそらく残り2話
残すところ部長VSダニエルと
火ノ丸VS久世の2戦となりました。
団体決勝は物語の中でも最高潮の一番だけに、期待したいですね!

 


第21番
「バカとバカ」

あらすじ&感想 2019 3/8(金)

白楼戦勝利に浮かれる大太刀高校。
礼奈の喝もあり、決勝へ気持ちを集中させる。
決勝の初戦はチヒロVSマサト
兄への対抗心から冷静さを欠いたチヒロは
不覚の一敗。

おまけはマサトと久世の紙相撲勝負。

 

感想:
栄華大付属戦は相撲を「楽しむ」もテーマか。
二陣戦は短時間なら最強クラスの監督
辻桐仁が公式戦初登場へ!

 


第20番
「鬼丸国綱と童子切安綱、再び」

あらすじ&感想 2019 3/1(金)

火ノ丸VS天王寺 大将戦、開幕。
お互いに手の内を読み、相手の攻撃を防いでいくが
場数の差で劣勢になったのは火ノ丸。
攻めの相撲で追い詰める天王寺に
今までひくことがなかった火ノ丸がまさかの「引き」
だがそれは攻めのパターンを広げるための引き。
佑真の突き、三橋のフェイクと変化
チヒロの自由な相撲、友情パワーで天王寺の想像を超え
全てをかけた鬼炎万丈百千夜叉墜
そんな状況でも笑う天王寺の最後の投げも根性で堪え
火ノ丸相撲で会心の勝利!
あの火ノ丸がガッツポーズで勝利の雄叫び。

おまけは天王寺の眉毛、ある

 

感想:
原作でも最終回か!?という展開だった
火ノ丸VS天王寺の2戦目
アニメでも迫力あり、今までの中でBEST回だと感じました。
天王寺も火ノ丸もカッコ良かったです!!

 


第19番
「弱き心に、強き意思」

あらすじ&感想 2019 2/22(金)

チヒロVS加納
蛍に熱をもらったチヒロが燃えて2人目の国宝喰い。
団体戦の勝敗がかかった試合で緊張する佑真。
組技が得意のバトだが、ある意味なめプで突き勝負を仕掛けてくる。
今までの稽古の全てを出した佑真が、強敵相手に殊勲の1勝!

おまけは加納の唐揚げ。

 

感想:
チヒロが強過ぎる!
佑真もここで勝つのが良かったです。

 

 


第18番
「僕の克ち方」

あらすじ&感想 2019 2/16(金)

はじまる
団体戦準決勝
大太刀高校VS鳥取白楼高校
部長VS榎木は榎木の勝利
蛍VS首藤では
相撲選手としては「持たざる者」の蛍の決死の作戦も惜しくも通じず
2連敗と追い込まれた大太刀高校。

おまけは、相撲取り用の大きな車イス。

 

感想:
天王寺に憧れた男、榎木晋太郎のエピソードは好きです。
正直、いくら火ノ丸に感化され、トレーニングを積んでいたとはいえ
4月から4~5カ月そこらで
チヒロはともかく、公式戦未勝利だった部長や素人の佑真が全国上位と競るレベルになるというのは漫画とはいえ、無理があるのではと。
「5年間強豪校で磨かれた」僕の相撲は軽くないんだよ!という台詞は説得力があります。
蛍の覚悟の相撲といい
「もう奇策なんていらねえぞ 蛍」
「己を強くするんは 己自身や」
「俺一人じゃ行けんのや 頼むで 晋太郎」

名言も多く、見どころの多い回でした。

 


第17番
「相撲の神に愛された男」

あらすじ&感想 2019 2/8(金)

順調に勝ち進む大太刀高校。
鳥取白楼対策として石高と合同稽古へ。
一方、個人戦では
天王寺獅童VS久世草介の大一番。
「神に愛された男」天王寺も
「神の化身」草薙には勝てず!

おまけは男子風呂。

 

感想:
天王寺VS草薙、良かったです!
原作初見の時は魅力たっぷりの天王寺が負けてしまい
ガッカリしましたが・・・

 


第16番
「国宝isデリシャス」

あらすじ&感想 2019 2/1(金)

火ノ丸は左腕の治療へ。
団体初戦は日景典馬を擁する前年度全国3位の石川県の金沢北高
部長・佑真と連勝するダチ高。
精神的にも一皮剥けた典馬を相手にするはチヒロ
沙田との特訓で飛躍的に成長したチヒロは
激戦の末、襷反りをきめて国宝喰い。

感想:
テンポ良く、迫力もあり良い回でした。
原作でもまさか国宝に勝つとは!!という回でしたね。

 


第15番
「鬼丸国綱と童子切安綱」

あらすじ&感想 2019 1/25(金)

OPテーマが今回から変わりました。(前の方が良かった気も)
インターハイ開幕!
決勝トーナメントに勝ち進む強豪達。
トーナメント初戦でいきなり
高校最強の天王寺獅童VS潮火ノ丸
目から闘志の炎を出して戦う2人。
かつては火ノ丸の憧れでもあった天王寺
接戦も
上をいったのは天王寺。
落ち込むも表に出さない火ノ丸だが
仲間は左腕を痛めたことに気付き
部長から団体優勝に向けて団体初戦は休めとのアドバイス。
今回からEDも渋い感じの歌にチェンジ。

おまけは天王寺のマニアックな情報調査。

 

感想:
原作でも熱い勝負だった
火ノ丸と天王寺の初対決。
今回は絵にも迫力があり、
天王寺の声も渋い迫力あり。
今回からOP・EDが変わりましたが
前の方がこの作品の雰囲気に合っていた気も(?)
EDは良い曲かもと感じました。

 


第14番
「インターハイ開幕」

あらすじ&感想 2019 1/18(金)

 

部長の度胸をつけるため
前年の全国3位の金沢北高校に乗り込む
チヒロ・部長・堀ちゃん。
一方、稽古場では
三ツ橋が桐仁に補欠としてでも選手登録するように言う。
柴木山親方に胸を借りる桐仁は
親方を投げ、選手としても登録する決意を固める。
TVの高校相撲特集で
前年の全国王者、鳥取白楼の天王寺獅童が登場。
「俺が一番相撲が好きで、俺が一番相撲の稽古をしている。だから俺が一番強い」
と、全国のライバルに宣戦布告。
チヒロは沙田と、それぞれインターハイへ向けて
稽古を積んでいく。
そしてインターハイ開幕へ。

おまけはハチ公前で四股を踏み警察に注意される部長。

 

感想:
ついに天王寺登場!
ただ、原作の方が初登場シーン、カッコ良かったですね。
現実では横綱:稀勢の里が引退となりましたが
火ノ丸相撲は激闘のインターハイ開幕へ。

 


第13番
「100円玉の修行」

あらすじ&感想 2019 1/11(金)

 

駿海の修行は
100円で30分以内にカレーを食べさせろというもの。
礼奈にも火ノ丸に要領の良さを教えてやってくれという駿海。
一方
典馬は関取衆との稽古で冴ノ山をも突き押す程に活躍。
噂を聞いた典馬は駿海の家に押しかけ
火ノ丸に勝負を吹っかける。
受ける火ノ丸。
「崩し」を入れた上での「百千夜叉墜」で
日景典馬を返り討ちに。
さらに、駿海のつてで現役横綱とも手合わせをする。
修行を終えて
「この夏、高校相撲の頂点とってきます」という火ノ丸。

おまけは堀ちゃんのモテ期?

感想:
新年一発目、典馬との勝負~駿海の稽古に
礼奈のサービスシーンとスムーズな回でした。

次回はついに天王寺獅童が登場しそうです。

 


次回、第十三番は
2019 1/11(金)からです。


第12番
「激突!!名古屋城」

あらすじ&感想 2018 12/21(金)

 

プロとの稽古のため名古屋へ行く大太刀高校一行。
名古屋城で日景典馬とバッティング(声あってる)
途中で乱入により、勝負なしになるも、
必殺の三点投げが研究されていることを感じる火ノ丸。
冴ノ山に誘われた十両以上の力士が集う稽古場へ。
小柄なこともありなめられる火ノ丸だが
勝負を挑み、現役の関取から一本とる。

何度もやるうちに通用しなくなる。
「力士に同じ技は2度通用しない」的な…聖闘士か?
磨いた「技」が通用しないことにショックを受ける。
そこへ元横綱:駿海が登場し(声あってる)
ついて来い、と。

おまけは、焼肉次郎の弟の店編。

 

感想:
今回も流れスムーズ、火ノ丸VS日景の迫力もあり
初登場キャラの声もあっている感じで楽しかったです。

 


第11番
「焼肉」

あらすじ&感想 2018 12/14(金)

 

県大会優勝を学校で称えられる大太刀高校一行。
堀ちゃんがSNSで拡散したことが一因
そして堀ちゃんがマネージャーとして加入。
祝勝会として焼肉スタミナ次郎へ。
妙にやる気になる店長次郎。
みんな根性を見せ
大量の肉を食べきる。
次郎店長は良い戦いだったと感嘆の声をかけ
「ダチ高相撲部お断り」の貼り紙を。

一方、ペア特訓で組む
佑真と部長
佑真の不調の原因は部長への罪の意識だった。
二人で話すことで吹っ切れる佑真。
火ノ丸と桐仁は高校横綱:天王寺獅童のビデオを見てその強さに不安を募らせる。
そんな時、柴木山親方から稽古の誘いが
いざ名古屋へ。
おまけは堀ちゃんの回想。

 

感想:
焼肉次郎は良い息抜き回!
佑真と部長のやりとりも過不足なく、非常にまとまった回でした。次回は日景典馬との激突となりそうです。
また、アニメは全24話の予定とのことです。

 


第10番
「護れない気持ち」

あらすじ&感想 2018 12/7

 

個人戦開幕。
火ノ丸VSチヒロ
別格の格闘センスで強者たちの技を模倣し
急成長するチヒロを地力の差で破る火ノ丸。
それを見て、部長も「火ノ丸と勝負したい」という気持ちを昂らせる。
続いて火ノ丸VS部長
火ノ丸が沙田戦で右腕を痛めたこともあり互角の勝負となる。
お互いの力を認め合う接戦の末、火ノ丸の勝利。
その勢いのまま、個人戦優勝を果たす。

 

感想:
今回も原作に忠実で
良い感じに再現されていました。

 


第九番
「鬼と月」

あらすじ&感想 2018 11/30(金)

 

決勝大将戦、火ノ丸VS沙田美月
中学横綱に登りつめるも、相手は物足りなかったとい沙田
火ノ丸の鬼車・鬼嵐・百鬼薙ぎと連続で防ぐ
逆に上弦ノ月やおっつけで火ノ丸を攻め立てる。
さらに自手取り上手出し投げ「双月」
走馬燈で昔を思い出す火ノ丸だが
根性で耐え
必殺の三点同時攻撃「百千夜叉墜」を決めて勝利!

一方、負けた石高も再起に向けて気持ちを新たにしていた。
偵察に来ていた鳥取白楼の榎木、バド、咲に
栄華大の狩谷とダニエルは大太刀高校のデータをとる。
そして、個人戦開幕へ。
おまけはバトのサインねだり。

 

感想:
無難な感じにまとめてきた感じです。
ほぼ原作通りなのでなんともわかりませんが
原作未読の方も楽しめているのかどうか(?)
全国大会編までとすると
2クール(24~26話)ある形でしょうか。
まだまだ楽しめそうです。

 


第八番
「覆水盆に返らず」

 

あらすじ&感想 2018 11/23(金)

 

中堅戦は五條VS金盛。
回想に入り、通っていた空手道場に教えを乞う佑真だが
師範から空手をケンカに使ったことを許されてはいなかった。
しかし佑真の真剣さに折れ、また指導してもらえることに。
けたぐりからの掛け突き「破城掌」がヒット!!
だが、地力の違い。組み付かれてからの投げで敗北。
1勝2敗と追い込まれた大太刀高校
気負う部長に声をかける火ノ丸。
はじまる
副将戦、部長VS真田。
立ち合いで(わざと)つっかける真田。
集中している部長は互角の勝負をくりひげる。
真田は以前から小関を知っており、認めていた様子。
真田の攻めを凌いだ部長が紙一重の勝利!
大将の火ノ丸につなぎました。
おまけは礼奈の、佑真がデブになる夢。

 

感想:
今回も原作に忠実な展開でした。
原作だと2度目の対決だった火ノ丸VS沙田。
アニメだと初対決、どうなるのでしょうか。

 


第七番
「愚直な道化」 

 

あらすじ&感想 2018 11/16(金)

 

部長の作った土俵で全国へ向けて気合いを入れる部長と火ノ丸。
はじまる千葉県予選。
順調に勝ちあがる大太刀高校。決勝は石神高校。
先鋒は三ツ橋VS間宮
三ツ橋ははじめて変化を見せ、八艘飛びで意表を突く。
しかし、隙無く構えていた間宮に対応されて敗北。
次鋒戦はチヒロVS荒木
チヒロの名言「安心しろ 俺はいつだってベストテンションだ」
雑念をそぎ落として集中力を高めて強くなるタイプの荒木に対して
チヒロは”そぎ落とさない強さ”を見せ、火ノ丸の鬼車で激勝。
おまけは花屋にカーネーションを買いにくる三ツ橋と、店番の間宮。

 

感想:
今回は原作に忠実な展開でした。
チヒロが早くも頼もしい!

 


第六番
「魁!!柴木山部屋」

 

あらすじ&感想 2018 11/9(金)

 

柴木山部屋での稽古
天王寺咲登場。
期待の新人が来るということで意気込む親方だが
火ノ丸の身長を見てガッカリ。
しかし、土俵に入る火ノ丸を見て評価は変わる。
寺原や薫丸も登場。
西前頭九枚目の冴ノ山紀洋関も怪しく登場。

早速、冴ノ山と勝負へ。
歯が立たず何度も倒される火ノ丸。
その体で「横綱になる」という火ノ丸に
身をもってその高みを知っていてなお「横綱になる」という自身の違いを
思い知らせようと本気になる冴ノ山。
アマチュアでは禁じ手の横からの張り手を受け流し
下からの攻めを見せた火ノ丸だが、潰される。
しかし可能性を見せ、「明日も来なさい」といわれる火ノ丸。
そのまま柴木山部屋に泊まることに。
朝3:30にすり足の稽古をしている火ノ丸。
すると柴木山親方が胸を貸してくれることに。
そして鳥取白楼の天王寺獅童の妹、天王寺咲
「頂点で待ってるで 潮火ノ丸君」
と言い去る。

 

感想:
柴木山部屋編は原作に忠実な流れでしたね。
咲ちゃんも良い感じ
「頂点で待ってるで・・・」
次回は県予選が始まりそうです。
最大の強敵は石神高校・沙田美月

 


第五番
「さわやか☆力士 沙田美月」

 

あらすじ&感想 2018 11/2(金)

 

それぞれの長所を伸ばす大太刀高校一行。
出稽古に石神高校に行くことに。
北斗の拳の雑魚のような人々がたくさん出てくるが、
相撲部というワードが出ると退散していく。
実はアポなしだった桐仁
1年生の不手際とタイヤを止める部長を見て、合同稽古を認める金盛主将。
一方
補習で出稽古に行けなかったチヒロは
偵察に来ていた荒木源之助と一勝負。
石神高校では佑真VS間宮、突きは通じるも投げられる佑真。
続いて部長VS沙田
粘る部長だが、沙田の出し投げ「上弦之月」で倒される。
火ノ丸は柴木山部屋に出稽古へ。

 

感想:
今回は比較的に淡々とした回でした。
今後は県予選→全国大会と展開していきそうですね。

 


 

第四番
「ダチ高の五人目」

 

あらすじ&感想 2018 10/26(金)

 

わかめ漁の漁船で朝練する大太刀高校一行。
不安定な漁船の上で四股をすることで、バランス感覚を養う。
前年の少年横綱として大和国から土俵入りの指導をしてもらう火ノ丸
何故その体で真っ向勝負をするのかという問いに
あんたもそうじゃったじゃろ
「まっそういうことじゃ」と言う火ノ丸に大和国は
「三年先の稽古をしなさい」という言葉を贈る。

場面は変わり
三ツ橋でダチ高全員に勝ってみせるという桐仁
佑真の突きを引き落とし
千比路をケタグリで倒し
部長を足取りで倒す。
それぞれの弱点は伸びしろだという桐仁。
火ノ丸の相手は桐仁
平蜘蛛仕切りから、投げ・捻り・足技の3つの合わせ技で
火ノ丸を倒し、技での伸びしろの可能性を示す。
火ノ丸は桐仁の病気の話をして(20秒以上戦えない)
団体戦のメンバーとしてはカウントできないことを話す。
新弟子検査の身長基準に達しない火ノ丸が
プロに入る道も示される。
火ノ丸をプロにするためにも、監督をさせてくださいと頼む桐仁。
一方、久世は高校相撲の頂点を獲り、角界に入ることを父:大和国に宣言する。
国宝の強敵として、
沙田美月、日景典馬、天王寺獅童の名があがる。
火ノ丸は高校横綱だけでなくダチ高の全国優勝が目標と宣言!

 

感想:
桐仁の指導でダチ高メンバーを倒す役を
原作の相撲中学生でなく三ツ橋にしたのは良い改変な気がしました。
今回の話は、短時間で良い感じにまとめてきた感じです。
次回はそれぞれのトレーニングや県予選開始でしょうか(?)

 


第三番
「草薙剣」

 

あらすじ&感想 2018 1019(金)

 

栄華大付属高校に出稽古にきた大太刀高校一行。
いきなり主将の四方田さん登場。
理音や狩谷俊の姿も。
佑真、部長、三ツ橋は負けるも千比路は勝つ。
久世は、小学生大会で火ノ丸とあたり、怪我をさせてしまった設定に。
火ノ丸は中学生軽量級王者の狩谷俊と戦うことに。
鬼車・鬼嵐の攻めを防ぐ狩谷に
火ノ丸は必殺の百鬼薙ぎを繰り出し倒す。
続けて
久世草介と戦う火ノ丸。
火ノ丸は百鬼薙ぎを、久世は大蛇断ちをはなったところで水入りに。
「あのままやってたらおそらく負けてた」
と落ち込む火ノ丸に
桐仁は「バカのままでも勝てる方法を教えてやる」と言う。

 

感想:
かなりのスピード展開ですね。
久世に1度完全に負けるというのは
原作では大事なエピソードの1つでしたが、そこをかなり飛ばしてきた感じです。

 


第二番
「レスリングVS相撲」

 

あらすじ&感想 2018 10/12(金)

 

火ノ丸に倒される夢を見る佑真。
火ノ丸と部長は部活紹介のような催しで新入部員の勧誘でちゃんこ屋を(火ノ丸特製で不味い)
そこでレスリング国体王者の國崎千比路と出会う。(バッチリ声あっている感じ)
五條礼奈も生徒会会長として初登場。(原作では副会長)
千比路との異種格闘エキシビジョンを戦う火ノ丸
チヒロスペシャル1号を防ぎ
必殺の右下手投げ「鬼車」で勝負あり!
そしてチヒロは相撲部に入部。
2人の戦いを見て、感銘を受けた三ツ橋蛍も入部。
そして佑真も火ノ丸を倒すことを目標に相撲部へ。
さすがに展開早い
早速相撲部メンバー5人が揃いました。
・・・と思ったら
辻桐仁も早くも登場!したところで次回へ。

 

感想:
展開早いですね。
桐仁登場というと、新人戦は飛ばして、いきなり県大会の石高戦へ(?)
でもそうなると久世との因縁が…。どう展開していくのでしょうか。
普通に面白いです(^-^)
*関係ないですがTOKYO MXの例で、アニメ1話分を作るのに製作費だけで約2000万円かかるのだとか。


 

 

第一番
「国宝・鬼丸国綱」 


あらすじ&感想 2018 10/5(金)

OPも歌も結構合っている感じ
痴漢を撃退する火ノ丸
原作と違い、中3時に見学で石神高校と間違えて
大太刀高校にくる展開。
ユーマ、声が渋い。空手で中学時、関東大会優勝の設定に。
部長の作った土俵を壊したユーマ軍団とトラブルになり
ダチ校名物、人間サンドバッグを15分耐える火ノ丸。
一瞬、迫力のある白黒画像になり
ぶちかましで佑真を倒す。
高校生になり、大太刀高校に入部してくる火ノ丸
部長と一緒に高校相撲の天下をとると宣言!

 

感想:
かなり原作に忠実な展開で
先が楽しみです!
OPやEDの映像を見るに
全国大会編まではやる予定!?


 

2018 10/5(金)22時スタート!
に向けて
PVが公開されました。

アニメ火ノ丸相撲PV(youtube)

 

アニメ火ノ丸相撲公式HP

 

声ははまっている気がします。
放映まで1カ月、期待して待つ!!

 

アニメ火ノ丸相撲放映局

TOKYO MX10月5日から 毎週金曜22:00~
AbemaTV10月5日から 毎週金曜22:00~
BS1110月5日から 毎週金曜23:30~
サンテレビ10月5日から 毎週金曜23:30~
テレビ愛知10月6日から 毎週土曜26:50~
TVQ九州放送10月5日から 毎週金曜25:58~

※放送日時が変更になる可能性がございます。

 

キャスト

潮 火ノ丸:阿部 敦
小関信也:落合福嗣
五條佑真:熊谷健太郎
國崎千比路:佐藤拓也
三ツ橋 蛍:村瀬 歩
辻 桐仁:寺島拓篤
五條 礼奈:小松未可子
堀 千鶴子:田辺留依
久世草介:武内駿輔
狩谷 俊:吉永拓斗
四方田 尽:杉山紀彰
澤井理音:八代 拓
ダニエル・ステファノフ:冨森ジャスティン
沙田美月:石川界人
金盛 剛:木村 昴
荒木源之助:浪川大輔
真田勇気:嘉人
間宮圭一:松川裕輝


AbemaTVでも放映されるのですね。

 

 

 

-火ノ丸相撲

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.