誰もが幸せになる日本へ 筋トレ・マンガ・火ノ丸相撲・セスタス・クワガタ・サークル運営・書籍・オススメ紹介・育児・日々徒然

kyouの今日どう〜ブログ

マンガ紹介

新作アニメ『ダイの大冒険』の感想をまったりと【あらすじ・ネタバレ】

更新日:

新作アニメ『ダイの大冒険』の感想をまったりと【あらすじ・ネタバレ】

ダイの大冒険が新作アニメで復活!
2020年10/3(土)から毎週土曜日、朝9:30~10:00テレビ東京系列で放映です。
旧アニメは1991年~1992年の1年間放映の全46話でした。
ジャンプの中でも好きだった漫画で
ドラゴニックオーラ使えたらなぁと思ったりもしました。
傘でアバンストラッシュした人も多いのでは!?

特に印象深いのは序盤のアバン先生vs魔軍司令ハドラーの一戦で
漫画でもアニメでも何回も繰り返し見ていました。
アバン先生の
「勝てない相手だからこそ・・・命をかける必要があるのです それにねポップ・・・やっぱり修行で得た力というのは 他人ひとのために使うものだと  私は思います」

という言葉は凄く印象深く心に刻まれています。
今作でもこのシーンは是非また見たいと思っています。
感想やあらすじなどをまったりと書いていきます。

 

第1話~あらすじ感想ネタバレ

第1話「小さな勇者、ダイ」2020.10/3 あらすじ感想ネタバレ

デルムリン島に住むダイが、でろりん一味にゴメちゃんを誘拐されて、一味をこらしめる話でした。
でろりん「イオラ」を使えたり、意外と強い。
ロモス王から覇者の冠をもらいました。

感想:
旧アニメはバラン編で終わりでしたが、今回は大魔王バーン戦の原作最終回までカバーするのかどうか!?1話は読み切りの「デルパ!イルイル!」の内容でした。
これから少し楽しみですね♪旧アニメはOPもEDも印象に残る曲でしたが、今作は、ちゃんと聞いていないからか?今のところ印象ないです。

 

第2話「ダイとレオナ姫」2020.10/10 あらすじ感想ネタバレ

王家の洗礼に来たレオナ姫をデルムリン島の大穴に案内するダイ。
レオナ姫からパプニカのナイフ(太陽)をもらう。
だが、賢者バロンの裏切りで魔のサソリが現れる。ダイがナイフでサソリを倒すものの、姫は毒に侵される。
キラーマシンを魔法力で動かすバロンに蹴散らされるモンスターたち。
ブラスのメラミも効かない。
死にかけるレオナ姫を助けたい思いで、ドラゴンの紋章を発動させ、大穴から脱するダイ。
今度はブラスの危機に、キラーマシンにバギクロスをかます。
紋章の力なしでキラーマシンに傷をつけ、傷に紋章パワーのベギラマをぶちこんで勝利。
レオナ姫も解毒し、無事洗礼を終える。レオナとダイはお互い好意を持った様子。
最後はポップとアバン先生も登場!
次回予告「勇者の家庭教師」アバン先生の修行回ですね。

感想:
原作再現度高い!映像も綺麗でカッコ良いですね♪声優もあっていて、今後も楽しみです。
アバン先生vsハドラーのシーンが今から楽しみですね。

 

第3話「勇者の家庭教師」2020.10/17 あらすじ感想ネタバレ

魔王が復活して狂暴化するモンスターたち。
アバン先生のマホカトールによって正常化。
偵察のガーゴイルもポップとダイが撃退、
ダイは1週間で勇者になれるアバンのスペシャルハードコースを受講することに。
1日で大地斬をマスターするダイ。
2日目の修行はvsドラゴラムでドラゴンになったアバン。
次回予告:「魔王ハドラーの復活」

感想:
テンポ良く話が進んでいます。

 

第4話「魔王ハドラーの復活」2020.10/24 ネタバレ感想あらすじ

ドラゴラムでドラゴンになったアバンvsダイ。
いきなり海波斬を繰り出し、ドラゴンの炎を切り裂く。
そんな折
魔王ハドラーがマホカトールの魔方陣を力づくで突破して現れる。
イオラを握りつぶし
ベギラマを撃つアバン。
ハドラーもベギラマを撃ち、海波斬で迎撃するもアバンにダメージ。
イオナズンvsアバンストラッシュで双方ダメージも、アバン先生の方がダメージは大きい。
参戦したダイも叩きのめすハドラー。
ダイ達を助けるためにベギラマを背中で受けるアバン。
次回予告:「アバンのしるし」

感想:
めちゃくちゃテンポが良いというか。ポンポン話が進みます。
ハドラーの声は旧作より渋い感じ。
旧作の展開が神過ぎただけに、今のところアバン先生vsハドラーは旧作の方が良い感じに思えました。
次回に期待!

 

第5話「アバンのしるし」2020.10/31 ネタバレ感想あらすじ

ダイ達にアストロンをかけ、ダイとポップにアバンのしるしを渡すアバン。
劣勢の中、ハドラーにメガンテをかけるアバン。
大ダメージを負うも、生き残るハドラー。
ダイ達を殺そうとするハドラーに対して
竜の紋章を発動しアストロンから脱してメラゾーマをヒャダインで迎撃するダイ。
アバンストラッシュでハドラーの両腕を切り落として撃退。
鬼岩城で傷を癒したハドラーは、ダイに脅威を感じ抹殺を決意する。
次回予告「獣王クロコダイン」

感想:
アバンのしるしを渡すのを待っていてくれたハドラーは地味に優しい。
ところでアバン先生とハドラーの魔法力を考察すると
アバン先生・・・(数日前にマホカトール)+ドラゴラム+ベギラマ+アバンストラッシュ+アストロン+メガンテ
ハドラー・・・(マホカトールを破るのに使う?)+イオラ+ベギラマ+イオナズン+ベギラマ(原作だとメラゾーマ)+メラゾーマ+イオラで0に。

 

第6話「獣王クロコダイン」2020.11/7 ネタバレ感想あらすじ

デルムリン島を出て冒険へ。
ロモスの魔の森をさ迷ってしまうダイとポップ。
マァムと出会う。
そして獣王クロコダインにダイ抹殺の指令が。
クロコダインに襲撃され、その力を見て速攻逃げるポップ。
大地斬を受けても傷一つつかないクロコダインの皮膚。
劣勢のダイだが、マァムとポップも参戦。
次回予告「マァムの想い」

感想:
クロコダインは最初敵ですが、後に頼れる味方になる良いキャラですよね。クロコダイン~ヒュンケル~フレイザード~バランの流れは本当に面白いので期待大です。

 

第7話「マァムの想い」2020.11/14 ネタバレ感想あらすじ

マァムとポップの協力で運良くクロコダインを撃退するダイ。
一方、デルムリン島ではブラスの前にザボエラが現れ暗躍。
マァムと話すうちにマァムに惹かれていくポップ。
クロコダインの前に現れ、加勢するというザボエラ。
村長とダイの会話を聞き、アバンの死を知り悲しむマァム。
メラを使えるようになるダイ。
母から背中を押してもらい、ダイ達の仲間に加わるマァム。
次回予告「百獣総進撃」

感想:
アバン先生の名台詞の1つ「力なき正義は無力」の回でした。
マァムの旅立ちは良い話でした。

 

第8話「百獣総進撃」2020.11/21 ネタバレ感想あらすじ

クロコダインの指揮で、ロモス王国を襲撃する百獣魔団。
それを見て助けに行くダイ。
マァムもポップと一緒に後を追おうとするが
自分の命の方が大事というポップをぶっ飛ばしてダイを助けに行くマァム。
クロコダインと対峙し、メラで不意をつき王様を助けるダイ。
クロコダインはザボエラからもらった魔法の筒で、ブラスを出す。
ブラスじいちゃんを傷つけることができず、メラミなどを喰らうダイ。
卑怯な手を使うクロコダインに精神攻撃をするマァム。
さらに獣王痛恨撃を喰らうダイ達。
次回予告「ひとかけらの勇気」

感想:
「男子三日会わざれば刮目して見よ」と博識のクロコダイン。
ポップの反応は、少年漫画的にはダメですが、普通の感覚だったら

こんなものなのかもしれないですね。
格好良くはないですが、覚悟も意思もないのに命を懸けろと言われても。
それだけに、次回の展開は熱い!

 

第9話「ひとかけらの勇気」2020.11/28 ネタバレ感想あらすじ

まぞっほの水晶玉でダイ達のピンチを見るポップ
「勇者とは勇気ある者!そして真の勇気とは打算なきもの 相手の強さによって出したり引っ込めたりするのは本当の勇気じゃない!」
まぞっほの激励でダイ達を助けに向かうポップ。
クロコダインにサシで勝負を挑む。
メラゾーマを放つが、真空の斧で防御されて大したダメージにならず。
勝ち目がないと見たポップはマホカトールでブラスを正気に戻す作戦に。
ゴメちゃんの涙で体力回復?したダイが復活!
竜の紋章を発動してクロコダインと対峙する。
獣王痛恨撃をアバンストラッシュ(ブレイクバージョン)で迎撃してクロコダインを胴切りする。
負けを認めて城から身投げするクロコダイン。
次回予告:「いざパプニカ王国へ」

感想:
ポップの頑張りは良かったですね。声優さんも名演技。
ダイが竜の紋章を発動した時の無敵感!

 

第10話「いざパプニカ王国へ」2020.12/5 ネタバレ感想あらすじ

ロモス王、ロモスの国民に祝福され、防具や剣(はがねの剣?)をもらうダイ。
レオナ姫を助けるためにパプニカへ。
一方ハドラーはベギラゴンを覚えてパワーアップ。
魔王軍の軍団長5人に集結命令を出すが
バーンの命により、ダイ抹殺は不死騎団長ヒュンケルが担うことに。
パプニカに上陸したダイ達の前に現れ、攻撃してくる。
次回予告:「魔剣戦士ヒュンケル」

感想:
軍団長の声はみんな合っている気がしました。
フレイザードもキャラ立っていて良いですね。

 

第11話「魔剣戦士ヒュンケル」2020.12/12 ネタバレ感想あらすじ

鎧化アムドするヒュンケル。呪文が効かない。
父バルトスとの思い出話をする。
ブラッディースクライドでとどめを刺しにくる。
ヒュンケルの生い立ちに共感して、心から怒ることのできないダイ。
竜の紋章も発動しない。
ダイは闘魔久傀儡掌とブラッディ―スクライドで絶体絶命のピンチ!
そこに獣王クロコダインが現れ身代わりに。
クロコダインが時間稼ぎをしているうちにダイとポップは撤退する。
次回予告「ふたりのライデイン」

感想:
クロコダインは頼れる漢ですね。

 

第12話「ふたりのライデイン」2020.12/19 ネタバレ感想あらすじ

雨雲を呼ぶラナリオンを習得するポップ。
ダイとポップで協力してライデインの練習をする。
マァム救出へ、かつては魔王ハドラーの拠点だった地底魔城へ。
迷ううちに闘技場に出てヒュンケルと対峙する。
ダイが注意をひきつけているうちにポップが雨雲を呼び
見事ライデインを命中させる。
次回予告「決着の瞬間」

 

感想:
ポップに対するダイの「俺はマァムの次かよ」という台詞が面白かったですね。

 

第13話「決着の瞬間とき」2020.12/26 ネタバレ感想あらすじ

ライデインに耐えて反撃するヒュンケル。
闘魔傀儡掌とブラッディ―スクライドの必殺コンボを喰らうダイ。
そこに現れ、ヒュンケルにバルトスの魂の貝殻を聞かせるマァム。
真実を知っても魔王軍の軍団長として生きるヒュンケル。
無意識状態で立ち上がり、剣と魔法を合体させ優勢になるダイ
再び闘魔傀儡掌にとらわれるも力づくで破り
ライデインストラッシュをおみまいする。
マァムの優しさに触れ、人間の心を取り戻すヒュンケル。
突然現れたフレイザードが死火山を活性化させて帰る。
マグマからダイ達を逃がすために最後の力を使い犠牲になるヒュンケル。
次回は1/9(土)次回予告「氷炎将軍フレイザード」

感想:
バルトスの「思い出をありがとう」の回でした。
フレイザードは見事な悪役ぶり。
ヒュンケルがクロコダインを認めているのも良いですね。

 

第14話「氷炎将軍フレイザード」2021.1/9 ネタバレ感想あらすじ

レオナ姫を探すために、信号弾で位置を知らせるダイ達。
パプニカ三賢者のエイミと合流。
一方、バルジの塔で籠城するレオナ姫達を襲撃するフレイザード。
アポロとマリンが応戦するも
フィンガーフレアボムズでアポロのフバーハを破るフレイザード。
レオナ姫のピンチにギリギリ間に合い参戦するダイ。
次回予告「恐怖の結界呪法」

感想:
「傷付くのが嫌なら戦場に出てくるんじゃねェ」と、正論を言うフレイザード。
見事な悪役。

 

第15話「恐怖の結界呪法」2021.1/16 ネタバレ感想あらすじ

フレイザード相手に優勢に戦うダイ。
ダイを手強しと見たフレイザードは氷炎結界呪法を使い、バルジ塔に結界を張る。フレイザード以外は呪文が使えなくなり、戦闘力が5分の1に低下する。
一時撤退をしようというマァムに対し、逃げたくないというダイ。
フレイザードはダイを逃がさないために、レオナ姫を氷漬けにする。
劣勢のダイ。マァムの機転で気球で一時撤退に成功。
追手のフレイム軍団に襲われるも、マトリフに救われる。
次回予告「大魔導士マトリフ」

感想:
今回も「オレは戦うのが好きなんじゃねぇ 勝つのが好きなんだよ」とのフレイザードの名言が。一貫していて清々しさすら感じます。

-マンガ紹介

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.