家族と育児の話題 徒然なるままに

私欲を越えて公徳心のフェーズへ入ることはできるのか!?という命題

投稿日:

私欲を越えて公徳心・公共の利益のフェーズへ入ることはできるのか!?という命題

最近、K-1の武尊選手や、一般的に知名度の高い方だと柔道の古賀俊彦選手などを見ていて、自分の利益を越えて、ひろく公共の多くの人に良い影響を与えることのできる人は輝いている、愛されている、良いなということを思いました。
私にとっては、シドニーオリンピックの高橋尚子選手は正にそれでした。

徒然3 永遠の憧れ:高橋尚子選手 シドニーオリンピックのヒーロー | kyouの今日どう〜ブログ (kyoudoublog.com)

 

私は、今までの40年くらいの人生を振り返ると学生の頃はあまり深く考えませんでしたが、マンガなどの影響で?友達に重点を置いている時もあった気がしますが、いわゆる社会人になって、ある程度の年月が過ぎた頃には
まずは自分(と家族)だな。それ以外は些細なこと
たとえ万人からどう思われようと、まずは自分と家族の幸せというものを追求するのが自分の心に真っすぐな解答だ。
ということを心に定めて生きていますし、今現在ある程度それで順調にいっています。

 

はっきり言って仕事が人生だとは思わないし、仕事の人間関係に深入りすることもないと思います。仮に場所が遠方になったりおかしなことになったら辞めて違うことするか!?くらいの思い入れです。内容的には好きなので続けたいとは思いますが。
誤解のないように伝えると、会社や組織に忠誠心がないわけではなく、もちろん会社や関係者に貢献したいと思っていますが、仮に所属会社が自分の考える生き方と異なるものを求めてくることがあったとしたら、別の道に行くのも当然ありだと思っているわけです。

 

多くの人が仕事でもいいですし、人によってはただ存在しているだけでも良いかもしれないですし、そういうことを通して公共の利益に貢献する、ということは多かれ少なかれしているのではないかと思います。

 

思うのは、「衣食足りて礼節を知る」という言葉もあるように
余裕があった方が、周りのことまで顧みることができる人は多くなるだろうということです。余裕とは、人によって、気持ち的なものだったり、お金だったり、いろいろだと思いますが。

 

私は以前にも書いたように↓

自分の思い通りに生きる(行動する)ことを最適化するという考え方で生産性や幸せ度を上げられないか | kyouの今日どう〜ブログ (kyoudoublog.com)

【弱い】と損する【お前は弱い】 だったら強くなれば良い | kyouの今日どう〜ブログ (kyoudoublog.com)

ある程度、自分の思い通りに生きて、結果的にそれを見て良いなと思ってくれる人がいたらより良いな というスタンスが自分には合っていると考えています。

結局、公共的な貢献を多くするような偉大な人だって、自分の心に沿った行動の結果、結果としてそうなった、という人が多いのではないかと思います。
最初から自分や自分の周りすら捨てて、不特定のみんなを幸せにするために頑張るぞ!という人はなかなかいないでしょうし、それでは上手くいかない気がします。

 

だから、まずは自分と自分の周りを幸せにすることを考えることが、結局はみんなの幸せにつながっていくのではないかと思います。
そして、余裕ができてきたら、可能であれば徐々にその範囲(自分の周りの)を広げていけたら良いのかなと。
私も、それを目指しています!
自分の思い通り生きることが、よしんば何かに貢献できたらより良いなという生き方を。
このブログだって、完全に趣味ですが
もしかしたら、このブログを見て少しは良いなと思ってくれる方がいるかもわからないということで!?
無理せずに、少しずつ、積み上げていきましょう☆
毎日ハッピーデーを!

 

 

 

 

-家族と育児の話題, 徒然なるままに

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.