誰もが幸せになる日本へ 筋トレ・マンガ・火ノ丸相撲・セスタス・クワガタ・サークル運営・書籍・オススメ紹介・育児・日々徒然

kyouの今日どう〜ブログ

徒然なるままに

徒然3 永遠の憧れ:高橋尚子選手 シドニーオリンピックのヒーロー

更新日:

永遠の憧れ
高橋尚子選手

 

2000年のシドニーオリンピックで光り輝く高橋尚子選手を見て、当時、これといった特徴もない平凡な学生だった私は
「こんなに輝いている人がいるのに比べて私って一体・・・」と、意味もなくその圧倒的な差に愕然としました。
更に長距離が苦手な私にとってマラソンを走るだけですごいのにレース後の「すごく楽しい42kmでした」という爽やかなインタビュー。
そして健康的な笑顔と愛嬌。

 

高橋尚子選手について知りたくなり
『君ならできる』小出 義雄
『風になった日』高橋 尚子
『風娘(かぜっこ)』武村 勇治
など関連書籍を読み
改めて人格的にも素晴らしい方と感じ、完全にファンになりました。

 

「雨や嵐がなければ虹がかかることもない」
「人の倍走って人並み、人の3倍以上走ってはじめて人並み以上になれる」
「太陽に向って体全部で精一杯輝いているひまわりのように 私も夢に向って大きく強く輝きたい」

 

2005年の東京国際女子マラソン
現地の国立競技場で観戦していたのですが、大勢の人がなんとも言えない温かい空気でみんな高橋選手を羨望のまなざしで応援しているようで、あんな雰囲気、今までで感じたことがありませんでした。
高橋選手のasicsのポスターの横で少年が写真を撮ってもらっていたりする光景があったりと
正にヒーロー。

アイドルや芸能人にはサッパリ興味がない私ですが

 

高橋尚子選手は永遠の憧れでありヒーローです。

 

 

 

 

 

-徒然なるままに

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.