誰もが幸せになる日本へ 筋トレ・マンガ・火ノ丸相撲・セスタス・クワガタ・サークル運営・書籍・オススメ紹介・育児・日々徒然

kyouの今日どう〜ブログ

子ども工作

子ども工作19 息を吹いて発射!ストローロケット

更新日:

子ども工作19 息を吹いて発射!ストローロケット

エネルギー充填120%! 息を吹いて~ストローロケット発射!

用途

ストローロケットを飛ばして遊ぶ

 

材料・費用

・ストロー大1本、小1本
・セロテープ、ハサミ
・画用紙
・描く道具

〇費用
・ストロー50~100本入りで 110円

 

作り方手順

1.曲がり口のある大ストローと小ストローを用意し、大ストローの曲がり口でない方を、2~3cm切ります。

 

2.切った大ストローを、小ストローに隙間なくセロテープなどでとめて密封ます。小ストローは部分は、10cm以内に切ります。大ストローの曲がり口におさまる(画像のストローの場合は)4.5cm以内に切った方が、発射角度をつけられるのでおすすめです。大ストローと連結した小ストロー側のの穴も、セロテープなどで密封します。これが発射されるロケット部分になります。

3.画用紙などでロケット部分(飛ばす部分)を作り、絵を描きます。同じ形を2枚作ります。絵は裏表で同じでも違ってもOKです。

4.「2」で作った発射台にセロテープで絵を貼り付けます。1枚目は大ストローに貼り、2枚目は重ねて横や上をとめます。小ストローの先が、少しはみでるようにとめます。

*画像↓のストローは長いですが曲がり口につけるには画像より小ストロー部分が短い方がいいです。

 

5.「4」で作ったロケットを大ストローの曲がる部分に装填して完成です。ストローから息を吹くと飛んでいきます。ストローの先は曲がるので、角度をつけることもできます。

 

想定工作時間

大人10~20分 子ども15~30分程

 

製作上の注意点・備考

・ロケット部分の形や素材を工夫すると、よく飛ぶ形が発見できそうです。

・安全のため、ロケット部分はあまりとがらせない方が良いと思います。

・息を一気に「フッ」と吐くとよく飛びます。

 

やってみた感想

お手軽、安い、楽しめる と三拍子揃った工作です。

 

 

-子ども工作

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.