誰もが幸せになる日本へ 筋トレ・マンガ・火ノ丸相撲・セスタス・クワガタ・サークル運営・書籍・オススメ紹介・育児・日々徒然

kyouの今日どう〜ブログ

配当生活への道

配当生活への道3 ソーシャルレンディング マネオ(maneo)の紹介 150万円投資 実際にやってみる ソーシャルレンディング人口比率は?

更新日:

ソーシャルレンディングに投資してみる
&ソーシャルレンディング人口は?



目次

ソーシャルレンディングとは

最近よく耳にする
ソーシャルレンディング
一体なんなのかというと、ソーシャルレンディングの会社というのは、お金を借りたい人のためにお金を集める会社という感じです。
クラウドファンディングを代行でやってくれる会社?のような感じでしょうか。
おそらくその手数料として金額の数パーセントを報酬としてもらうといった形が主流と思われます。投資対象は不動産が多く、他にも再生可能エネルギーや海外の案件等、様々です。
つまりはソーシャルレンディングの会社とは高利貸しともいえそうです。

このソーシャルレンディング
2018年現在でよく耳にしますが
その利率の高さが魅力です。
おおむね4%~10%程。
株式投資や様々な他の投資と比べても、高い利率です。

どれくらいの人がやっているかというと
最大手のマネオ(maeno)の登録者が
2018年7/1で78250人
2018年8/31で80214人
最近は、1か月に1000人くらいのペースで増加しているようです。
業界でのシェアは50%以上とか。

 

この数字は
日本の人口が
総務省統計局のデータで
2018年3/1確定値 総人口1億2649万3000人(前年比較▲26万2000)
うち15歳未満1552万1000人(▲18万1000)

15歳以上の人口は約1億1100万人として
そのうち8万人が登録ということは
8万÷1億1100万=約0.00072
1000人に1人もやっていない
登録しているのは15歳以上の人口で1400人に1人くらいですね。
ソーシャルレンディングをやっている人の多くは(8割は?)マネオに登録しているのではないかと思うので8割登録していると仮定すると1400×0.8=1120
日本で15歳以上でソーシャルレンディングに登録しているのは、2018 8/31時点で1120人に1人程ではないかと推定します。

 

株式投資はどれくらいの人がやっているかというと
「2017年度株式分布状況調査」によると、2017年度の個人株主数は「5000万人の大台を超える結果となった」
ただしこれは述べ人数なので(1人で3社に投資していたら3とカウント)
実際は人数的には5000万の3分の1以下ではないかと。
本格的に投資をする方なら5社以上に分散投資しているでしょう。
体感的にも投資信託等も含めて投資をしているのは3~5人に1人くらい(幅広過ぎ)が合致する数字な気がします。
それにしても、ソーシャルレンディングの1120人に1人という推定はかなり低い数字ですね。

さておき本題の

ソーシャルレンディング:マネオに投資、その手順

 

順番として
1.マネオに登録する

2.登録住所に確認キーが送られてくるので、それで本登録

3.自分専用のマネオ口座に入金
(三菱UFJからの入金で反映されるまで、100円で30分、150万円で2時間程かかりました。即時反映はされないようです。)

4.現在募集しているファンドの中から、投資したいものを選んで投資

5.あとは期限日が来るまで待つ(特に問題がなければ、期限日に金額を受け取り投資終了。期限は短期6カ月程から2年程まで様々。利払いは毎月のところが多いようです)
*貸付先の返済遅延などの問題があった場合は案件によって原本(投資金額)が毀損する可能性もある
*また、運営会社マネオが破綻した場合も原本毀損する可能性があると思われる

 

最大手のマネオが今年で10年目らしいので
かなり前からある事業のようです。
募集案件によって担保や保証のリスクは異なりますが
業界最大手のマネオ という会社で実際にやってみました。
2018年秋に150万円を投資。

かなり長い期間での案件ですが
更新して定期的にレポートを書いていこうと思います。

投資をするにあたって利率の高さというのは非常に重要になってくるのですが
例:1億円の2.5%=2500万円の10%
ソーシャルレンディング系は比較的に高い利率で運営されており
これが継続的に可能であれば
有望な投資先の1つになってくるのではないかと思います。

 

実際の運用分配金など

2018 9月の案件に投資し(利率は約7%)
2018 11月から約2年間、分配金として毎月
約8600円(税引き後約7000円程)が入るようです。
150万円投資で、毎月約7000円入るなら、やはり利率的には悪くないですね。破綻しなければ。
仮に3倍の450万を投資したとして、毎月2万なら、なかなかのお小遣いになりますね。

 

メリットとデメリットを整理する

〇メリット
・利率が高い

〇デメリット
・期間内は資金が拘束される(株式投資のような流動性はない)
・案件や運営会社を絞ればリスクを小さくはできそうですが、返済遅延や運営会社破綻による原本毀損のリスク

 

こういう投資やサービスについて
もし100%元本も保証であれば8割以上の方がやると思うのですが
まず1つは
知らない・興味もないという方がかなりの割合になり(9割以上)
知っていてもやらないという方もこれまたかなりの割合になり
現在の1000人に1人も登録していないという状況になるのだと思います。

マネオに登録すると
提携する通称マネオファミリー 他のソーシャルレンディング運営会社への登録も
口座開設だけになり、手間が省けます。
マネオファミリー
・さくらソーシャルレンディング(地方創生特化)
・LCレンディング(商業施設が多い)
・ガイアファンディング(海外不動産)
・アメリカンファンディング(主にアメリカ不動産)
・クラウドリース(アミューズメント施設、店舗など)
・スマートレンド(海外事業)
・グリーンインフラレンディング(再生可能エネルギー特化)
・キャッシュフローファイナンス(コインランドリーなど様々)
・アップルバンク(国内不動産)
・プレリートファンド(国内不動産)

追記

2019.5月
maneoの元社長(2019.3月に退任)瀧本氏の著書を読んだ感想
書籍紹介『セカンドマネーを創りなさい!』maneo社長の著書
かつ、現状を考えると
今はmaneoには投資しない方が良いと思います。
(自分で投資しておいてアレですが)
ソーシャルレンディング自体がまだ黎明期ですし
今後maneoに代わって№1になる企業が出てきそうですね。

2019.5月現在で信頼性の高いソーシャルレンディング会社として
・SBIソーシャルレンディング
・Funs(ファンズ)
・オーナーズブック
の名前があがっています。
海外案件への誠実度という点では
クラウドクレジットも評価が高いです。



-配当生活への道

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.