誰もが幸せになる日本へ 筋トレ・マンガ・火ノ丸相撲・セスタス・クワガタ・サークル運営・書籍・オススメ紹介・育児・日々徒然

kyouの今日どう〜ブログ

クワガタを語る

クワガタを語る2 ヒメオオクワガタ採集というアクティビティの魅力と準備

更新日:

ヒメオオクワガタ採集というアクティビティの魅力と準備

ネットを見ると
ヒメオオクワガタの採集(観察)をされている方が多いことに驚きます。
何しろ、このヒメオオクワガタ採集は
①基本的に奥地の秘境にいるため車がほぼ必須
②それにともないそれなりに時間も費用もかかる
③熊や蜂など危険をともなう
このような条件があるにもかかわらず
探索に向かうとは
おそらくクワガタ愛好者はそれなりにおっさんが多い(私も含めて)ということでしょうか。

・でも本当に、自然、ハイキング、リフレッシュ的な意味で、多くの方にオススメしたいところです!(発見できた時は更にテンション上がりますし)夜のイメージのクワガタ採集を、明るい時間帯にできることもポイントです。

さてその準備についてです
〇ヒメオオクワガタ観察の装備
・長ズボン、比較的頑丈な靴、帽子(私は基本タオルをまいていました)
・3~4mの棒と網(高所にいることもあるため、ぼうで落とす。下草に落ちると行方不明になることもあるので、網もあると良い)
*私の場合、軽量化と予算の関係で伸びる棒と養生テープとザルを持っていくことが多かったです。(もしいたらテープで伸びる棒とザルを連結する)
・食料、飲料
・持って帰る予定の方はヒメオオクワ保存用の容器
・傘やブルーシート→濃い場所だと、木を蹴って何匹も落ちてくる~
という風景を見たことがあります。傘は、熊対策の最終兵器としても使用可能(目の前で開くとビックリする・・・らしい)
・携帯
・熊鈴

こんなところでしょうか。

もし興味を持たれた方は
是非出撃して、いたらこっそり場所を教えて頂けたら嬉しいです。
もしくはいるかいないかわからなくても一緒に誘って頂けたら行きたいくらい、シーズンになるとヒメオオクワ観察がやりたくなります。
今現在2018.8/3ですので正にシーズンイン。
適した時期は概ね7~9月。
…ネットで場所を晒すと「荒らされ」るでしょうし
自分だけの場所を探そうとクワガタ好きな方は毎年努力されているかと思います。
私もヒメオオクワガタ採集では「累々たるボウズ(発見0)の山」を築いてきました。
ですので参考になりませんが
ヒメオオクワを狙う地として
・採集例
・自宅からの距離
・具体的なポイント、標高や林道(標高は基本的には1000~2000mの場所)
など、今はネットで地図も簡単に見ることができるので探すのも面白いと思います。

ヒメオオクワと一緒の環境にいることの多いアカアシクワガタも魅力的なクワガタで、こちらは数も比較的たくさんおり
もし生息地付近の宿に泊まる予定があれば、かなりの確率で発見できると思います。
アカアシクワガタやミヤマクワガタは灯火、灯りに集まる習性が強く、濃い地域ならば月齢などにもよりますが、灯りにばたばた飛んできます。
ハッキリ言って
灯火採集は最も楽で効率の良いかつ確実な採集方法な気がします。
ただ、最近虫の集まりやすい外灯は減っている(光の波長を変えて)との情報もあります。
クワガタ目当てというのも立派な魅力の1つとしてビジネスにつながるので、宿の方に聞けばいろいろ教えてくれるかもしれませんね。

何しろ、クワガタ好き、好きでなくても夏、高山の気持ちの良い林道を歩くのはオススメのアクティビティです(^-^)

-クワガタを語る

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.