誰もが幸せになる日本へ 筋トレ・マンガ・火ノ丸相撲・セスタス・クワガタ・サークル運営・書籍・オススメ紹介・育児・日々徒然

kyouの今日どう〜ブログ

クワガタを語る

クワガタを語る5 遠征採集(観察)の記録

更新日:

遠征観察の記録2019年~

 

2020年

2020 9月中旬8:00~14:00の観察 標高1000~1400m程
天気:くもり~晴れ 気温12~18℃くらい。
ヒメオオクワガタ♂3♀1、アカアシクワガタ10匹くらい

今回は福島県へ遠征。
久しぶりのヒット~~~!ヒメオオクワガタを見たのは何年ぶりでしょう?

好きなアカアシクワガタも観察できて最高でした♪

今年はクワガタ仲間的なものを作り、力を合わせることで
熊の危険を軽減し、行動力が増大したのが勝因な気がします。
ヒメオオクワガタは複数で採集観察した方が安全だし、楽しいですね(^-^)

このヒメオオクワガタ、ガチで探していたわけではないにしろ、今まで何度となく坊主(発見0)をくらった私なのであまり説得力はないですが、いる!という場所に行って100%観察できるかというとそんなに甘くないと思います。多分。
いる!という場所でもいる木とか、場所がピンポイントだったり、天気など気候条件にもよったりするので。
結局、経験者と一緒に行っていろいろ教えてもらうのが一番の近道ではありますね。何でもそうかもしれませんが。

 

2020 8/29(土)9:30~16:00頃の観察
天気:晴れ 気温23~28℃くらい? 標高1000~1300m程

今回はまたヒメオオクワを探しに遠征して某所を探索。東京は最高気温36℃とかで猛暑でしたが、標高高くても暑い!そのせいなのか?5~6時間とかなり探しましたが、クワガタは地面を歩いていたスジクワガタを見つけたのみ。

食痕もありますし、環境的にも完全にいる場所ですが、ヒメオオクワって本当、そう簡単に見つかりませんね。ヒメオオクワガタより発見しやすいはずのアカアシクワガタもいなかったわけですが。ルリクワガタ系の産卵跡のある倒木とかは初めて見た気がします。(今まで意識して見ていなかっただけもありますが)でも、ブナとかの林道を歩くのは気持ちが良いです。熊は怖いですが。

 

2020 8/13(木) 夜19:00~21時頃の観察
天気:晴れ 気温25℃くらい

奥多摩にて
人生初の自家製灯火採集!
灯火採集といっても、本格的な用具ではなく、明るいランタンと白い幕を組み合わせたもの。
生息していることは確かな場所でしたが、あんまり来る気配はなく撤収。
それなりに、蛾とかよくわからない甲虫とかは少しはきたので、運が良ければきそうな感じは少しだけしました。でも、薄そうな感じでもありました。

 

2020 8月上旬 9:00~15:00の観察 
山梨県 天気:晴れ 気温22~25℃くらい

今年初の遠征!
10:00頃、標高1600m近い地点でミヤマ♀を1匹見つけただけですが
やはり林道で見つけるのは面白いです。

 

2019年

 

2019 8/25(日)10:00頃の観察
奥多摩周辺 天気:晴れ 気温28℃くらい?

今回はクワガタ探しに行ったわけではありませんが
トイレの前でコクワガタのメスと
駅のホームでミヤマクワガタのメスの死骸を発見。
東京でも奥多摩周辺までくると、ミヤマクワガタがいますね。

 

2019 8/21(水)10:30~13:30
標高1000~1500m 20℃くらい?檜原村周辺 天気:くもり+小雨

前回、久しぶりに山道でクワガタを発見できたので
調子にのってヒメオオクワガタなどを狙って山へ。
事前情報では山頂まで1時間くらいで行けるかなーとたかをくくっていたら
思った以上に険しく、1時間30くらいかかり山頂へ。
そのあたりが生息地と思われましたが、霧がかかったり視界も悪く
サッサと帰ってきました。
記録もある場所なのでいるのは確実ですが、ヤナギ類の木もなく
探索をするのは根気と時間が必要そうです。
平地の林だったりすると、いるポイントの木というのは結構決まっていて簡単なのですが、山だと木は死ぬ程あっても、どこがポイントかサッパリわからないというのが1つ難しいところです。たぶん、いる木を見つければ山でも毎年ある程度高確率でその木にいる可能性は高いと思うのですが。平日ということもあり、登山者は私の他には1家族と、他数人とすれ違っただけでした。

 

2019 8/12(月)10:00頃の観察
標高1200m前後 24℃くらい?山中湖周辺 天気:くもり

山中湖に旅行に行き
アカアシクワガタとヒメオオクワを目当てに往復3時間程探し
クワガタ発見!

最初はコクワかと思いましたが、後で写真を見てみると
これはスジクワガタぽいですね。

山道で発見できると嬉しさ倍増!
近場の知っているポイントなら、ほぼ100%発見できますが
知らない場所で見つけることができると、感動します。
例によって、1つの木に5匹いて、樹種は調べると
ダンコウバイな気がします。この樹はあんまり生えてなかったです。
直径15cmもない太くもない木で、樹液が出ているというわけでもなく。
この特定の樹に集まるのはなんでなんでしょうね~
樹を齧って樹液を出しているような感じでした。

ヒメオオクワガタやアカアシクワガタも、数は多くはないでしょうが
たぶんいるはいるのではないでしょうか。
ただ、ポイントを知らないと
行けばほぼ100%発見できる!とはならないでしょうね~
採集はしないのでヒメオオクワポイント誰か教えてくれないかなー。
もしくは連れて行ってくれたり…しないか。
檜枝岐以外で見たことなし!
熊の痕跡はあまり感じない場所で、安心できました。

 

 

-クワガタを語る

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.