徒然なるままに

熊が北海道の札幌や都市の市街地に出没する件について思うこと

更新日:

熊が札幌や都市の市街地に出没してきている件について思うこと

近年、熊が長野駅や、最近だと2021.6/18札幌の東区の住宅地などで出て4人が重軽傷を負うという事件がありました。
山ではなく市街地にも出てくる
というニュースが増えてきています。

 

その感想ですが、そういう時、できるだけ殺さないで、可哀想、山の食料が減ったからetcいろんな意見があるとは思いますが
対岸の火事だからそう言える気がしてなりません。

もし、自分がその近くに住んでいたら
一刻も早く殲滅、駆除してほしいと思うと思います。
今回の札幌の件は、近くに小学校もあり
というか小学生でも大人でも素手で熊に襲われたらエサになるだけなので
危険過ぎます。
特に北海道はヒグマなので、ツキノワグマでも素手の人間では無理なのに放っておいたら被害が増えるだけで。

今回2021.6/18のニュース映像を見ていたら
UHB(北海道文化放送)のマスコミの車が熊を煽って、マスコミの車から逃げた熊が自衛隊丘珠駐屯地に突入、門にいた自衛隊員の方が襲われ負傷したという感じで・・・自衛隊員の方が襲われたのは完全にUHBの責任問題な気もします・・・
死亡事故にならなかったのは不幸中の幸いですが、熊に襲われて軽傷はともかく、重傷と表現されている場合、本当にかなりえぐい重傷なことも多いのでマスコミの人ももっと調べて報道対応してほしいところですね。

結局、人を襲った熊はその後2021.6/18のうちに猟友会の方によって駆除されたということでした。

 

以前にも、市街地での発砲の許可などいろいろ法律的に難しいところがあり、警察の要請で熊を駆除した猟友会の方が、逆に法律違反ということで罰せられたという訳のわからないニュースがあった気がしますが
熊、特にヒグマは普通の警察官が所持している口径の小さい銃では倒せないので、もっと柔軟な対応を望みたいです。

都市部と山の緩衝地帯だった農村が減ったり手入れしなくなったり、猟師が減ったり猟をしなくなったことで熊が人間を怖がらなくなってきている、熊の生息数も増えてきているという観測もありますが、そこのところは人間優先で安全を脅かしたり、農作物の被害が大きいならば、害獣として積極的に駆除して良いのではないかと思います。

 

前提として命の価値を人間>熊と置いているとしますが。

人間=熊、もしくは熊>人間と置いているなら、
連綿と続く人間社会を否定しているというか、もう何も言えませんが。

-徒然なるままに

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.