誰もが幸せになる日本へ 筋トレ・マンガ・火ノ丸相撲・セスタス・クワガタ・サークル運営・書籍・オススメ紹介・育児・日々徒然

kyouの今日どう〜ブログ

子ども工作

子ども工作12 むくむくオバケ

更新日:

子ども工作12 むくむくオバケ

ストローから息を吹き込むと~~~おばけがむくむくむく~

 

用途

ストローから息を吹き込むと、ビニール袋のおばけが出てくる

 

材料・費用

・牛乳パック箱 底つき1つ
・曲がるストロー1本(50~100本入りで110円)
・色画用紙など
・ハサミ、ビニールテープ、テープのり、のり、キリなど
・透明なビニール袋1まい

 

作り方手順

1.牛乳パック底付きを、高さ10cm程に切る。底付きでなくても、テープで補強して底つきのような状態に復帰すれば大丈夫です。(牛乳パックでなくても、適当な箱があればできます)

2.側面の4面を色画用紙などで装飾したり絵を描いたり。最初に正面と、ストローをとりつける裏面を決めた方が良いです。

3.4面のうち、裏面に決めたところの下から3cm程の高さの場所にストローが入るくらいの穴をキリであけて、ストローが入るようにします。ストローが入り辛い場合は、穴を中心にカッターなどで上下左右8方向に切れ込みを入れて入りやすくします。

4.ビニール袋に(30cm*30cm程?)油性マジックなどでオバケや好きな絵を描く。裏表描くのもありです。(相手から見える方が表、自分が吹いた時見える方が裏)

5.「4」で書いたビニールをストローにまきつけます。ポイントはビニールの開放面をストローに巻き付ける前から、斜めに折ってテープなどで密封するなりしてできるだけ小さくします。ストローからの息が漏れずにビニールに届く必要があります。開放面を小さくした上で、さらにストローにまきつけてビニールテープなどで密封します。

6.「5」で作ったストローを牛乳パックの内側から「3」で作った穴に差し込んで完成!息を吹き込むと、ビニールがふくらんでオバケが出てきます。ビニール袋を潰すと、ストローから空気が抜けて箱におさまります。

 

想定工作時間

大人20~30分・子ども30~40分程

 

製作上の注意点・備考

・手順5が少し難しいというかコツがいるので、試作すると良いです。ビニール袋の形状によっては、細長いオバケも可能です。

 

やってみた感想

むくむくビニール袋がふくらんでいくのが面白いです。

 

 

 

 

 

-子ども工作

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.