誰もが幸せになる日本へ 筋トレ・マンガ・火ノ丸相撲・セスタス・クワガタ・サークル運営・書籍・オススメ紹介・育児・日々徒然

kyouの今日どう〜ブログ

オススメ愛用品の紹介 徒然なるままに

ナイキID 改めNIKE BY YOUでオリジナルシューズを作ってみました 感想 箱根駅伝でのナイキ「ヴェイパーフライ」の話題も

更新日:

ナイキID 改めNIKE BY YOUでオリジナルシューズを作ってみました 箱根駅伝でのナイキ「ヴェイパーフライ」の話題も

今も昔も世界中で人気のスポーツ系ブランド「NIKE」
原宿店で、「ナイキID」という自分が色などをデザインしたオリジナルシューズを作れることを知ってから早4~5年。
前回2016年1月頃ナイキの公式HPで作ったナイキフリーラン5.0(14900円)が
限界を迎えつつあり(4年が経っているだけに)

今回、また発注しようとナイキHPを見たら
2017年4月から?
「ナイキID」は「NIKE BY YOU」になっていました。
名称が変わっただけで、特に違いはないようです。

早速、前回作ったナイキのアカウントでログイン。
ナイキ公式HP
前回同様フリーラン5.0で作成開始
選択するシューズによって多少違いはあるものの
フリーラン5.0のカスタマイズでは

 

・ベース

・履き口/オーバーレイ

・Swoosh

・ヒールアクセント

・シューレース

・ライニング

・ソール(5.0か3.0も選べる)

・ミッドソール

・テキスト(靴のサイドに入れることができる)

以上9つの項目を、好きな色にカスタマイズすることができます。

やはり自分でデザインした靴だと、愛着もわいておすすめです。
前回はテキストを靴のベロというかタンというか、足首の前あたりに入れることができたのに、今回はソールのサイドになってしまい色も選べないのがちょっと残念ですが。
値段も13000円(税込み)と、
普通のフリーラン5.0の11000円(税込み)と比べてめちゃ高いというわけではありません。納期は商品によって異なり、概ね2週間~4週間程。

 

今履いているフリーラン5.0とは、ソールなどが更新されて変わったようですが、どんな感じになっているのか!?楽しみです。
新年ですし、自分だけのオリジナルシューズを作ってみるのも良いかもしれませんね☆

 

実際に見て作りたいという方は、お店で商品を見てからとか、「ナイキスタジオ」というスペースが設置された店だと、いろいろ見ながら作ることができるようです。公式HPによるとナイキスタジオ設置店は、東京都吉祥寺の「NIKE KICHOUJI RUNNING」・大阪心斎橋「NIKE OSAKA」・福岡県福岡市の「NIKE FUKUOKA」

 

届きました

2020 1/12(日)に届きました。1/1に発注したので、かなり早いですね。感想ですが、ちょっと素足でピッタリ!…ということは靴下を履くとヤバイかも。横幅がもっと欲しい感じです。ん~履いていくと伸びていくかなぁ?伸びなかったらジョギング用の靴として使おうと思います。事前調査というか試し履きは重要ですね。以前の2016年のNIKEフリーと比べると、ベロクロ?がなくなり、ピッタリ感はアップしています。これから使ってみて、どんな感じでしょうね。

*サイズ感が違うなどの時、出荷日から30日以内なら商品の状態にかかわらず送料も無料で返品可能なようです。(一部商品は除く)凄いですね。せっかく作ったので使う予定です。

 

 

 

ところで、本日2020 1/2(木)やっていた箱根駅伝往路。好天に恵まれたのもありますが、青山学院大学が往路新記録の5時間21分16秒を記録。各区間でも区間新記録が連発。その理由の1つとして、最新の陸上用ナイキシューズ「ヴェイパーフライ」というカーボンファイバープレートを使った厚底靴が活躍しているのだとか(今年の青山学院往路の選手は全員使用)陸上長距離はソールの低い靴が主流だった気がしますが、トレーニング方法に加えて、道具も技術革新の波がきているのかも。前回2019年の箱根で青山学院の五連覇を阻止して優勝した東海大学の選手も、この靴を愛用していた人が多かったのだとか。どんなものか、履いてみたい気もしますね。

 

 

 

 

-オススメ愛用品の紹介, 徒然なるままに

error: Content is protected !!

Copyright© kyouの今日どう〜ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.